ページの先頭です。

DANCERS

ダンサーの公演情報はこちらから

熊谷和徳Kumagai Kazunori

タップダンサー

1992年15歳からタップをはじめ96年に渡米、ブロードウェイのNOISE/FUNK養成学校で学ぶ。ニューヨークのタップダンスフェスティバルに9年間連続出演。ニューヨークのThe Village Voice紙で「日本のグレゴリーハインズ」と評される。06年の米国のダンスマガジンにて「世界で観るべきダンサー25人」のうちの一人に選ばれる。日野皓正、coba、上原ひろみ、などのアーティストたちとのセッションや、海外ミュージシャンとの共演も重ねる。2014年Bunkamuraオーチャードホールにて『DANCE TO THE ONE』、ソロ公演『HEAR MY SOLE』で凱旋公演を開催。2014年ニューヨークにおいて、タップダンス界でもっとも名誉ある「Flo-Bert Life Award」(フローバート賞)を日本人ではじめて受賞。2016年『NY DANCE AND PERFORMANCE AWARD』(BESSIE AWARD)の”OUTSTANDING PERFORMER”(最優秀パフォーマー)を受賞。

熊谷C)Makoto Ebi