ページの先頭です。

FOCUS

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人』、日本初上陸!

 映画『パリのアメリカ人』を元に2014年にパリでミュージカル化され、翌年にはニューヨーク・ブロードウェイで開幕。2015年にトニー賞で振付賞、編曲賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞を獲得した話題作品が、劇団四季版として日本にいよいよ初上陸する。

 もうひとつの大きな話題は、世界的な演出・振付家であるクリストファー・ウィールドンがクリエーションに加わったことでも注目を浴びている。ウィールドンは、英国ロイヤル・バレエ団アーティスティック・アソシエイトとして、『不思議の国のアリス』『冬物語』などでも高評価を得ており、本作で「振付家賞」を受賞したことも大きくうなづける。
 「キャラクターたちの動機を考えながら創った。時代背景をより詳細に描くことでラブストーリーをくっきりと浮かび上がるようにしました」とウィールドンが語るように、さらに奥行きが深い物語となっている。

 舞台は1945年の第二次世界大戦直後のパリを背景に、若者たちの姿を描いた群像劇。米国退役軍人で画家を目指すジェリー、ミステリアスなバレエダンサーのリズ、そのリズに恋心を抱くピアニストのアダムなどを中心に、若者たちは将来に希望の光を求め、恋に人生に苦悩する。

 ジョージ・ガーシュウィンの楽曲がさらにドラマチックに物語を掻き立て、映画の終盤では15分以上のバレエシーンが展開されるが、ミュージカル版でもその敬意を払いつつ14分間に及ぶダンスがクライマックスを盛り上げる。クラシックバレエに加え、ジャズダンス、タップダンス、シアターダンスがふんだんに織り交ぜられており、大いに舞台を盛り上げてくれそうだ。

 ヒロインとジェリーの4キャストの最新インタビューを近日お届けするのでお楽しみに!

2キャストぱりあめ

 

2キャスト男ぱりあめ

公演情報

劇団四季ミュージカル『パリのアメリカ人』
2019年1月20日(日)~3月8日(金)東急シアターオーブ
http://theatre-orb.com/lineup/19_americanpari/
2019年3月19日(火)~5月31日(日・祝)KAAT 神奈川芸術劇場
http://www.kaat.jp/d/aaip