ページの先頭です。

FOCUS

21年ぶり待望の来日公演!エイフマン・バレエ『ロダン〜魂を捧げた幻想』『アンナ・カレーニナ』

 振付家ボリス・エイフマンによって1977年に創設されたサンクトペテルブルグのバレエカンパニー「エイフマン・バレエ」が、日本初演となる『ロダン〜魂を捧げた幻想』と、代表作『アンナ・カレーニナ』を携え、来日公演を果たす。

 1990年に日本初来日公演が行われ、2010年に新国立劇場バレエ団にて当時の芸術監督デイヴィッド・ビントレーによって『アンナ・カレーニナ』が上演された。チャイコフスキーの切なく美しい音楽に載せ、トルストイの小説をモチーフに、夫と若き将校ヴロンスキーとの間で苦悩し崩壊してゆくヒロイン・アンナを描いた秀作。特に迫力あるクライマックスシーンは必見だ。物語性に富んだ振付とともに高評価を得ており、再演をずっと待ち望んでいたファンも少なくないはず。

  『ロダン〜魂を捧げた幻想』は彫刻家オーギュスト・ロダンと弟子のカミーユ・クローデル、そしてロダンの内妻を取り巻く実在の人物たちからインスピレーションを得た作品となっており、ラヴェル、サン=サーンス、ドビュッシーなどのフランス作曲家たちの楽曲に載せ、さらなる深い感動へと導いてゆく。まるでアート作品を堪能しているかのような演出とダンサーたちにも要注目。

 また同カンパニーは、男性身長182センチ以上・女性172センチ以上のダンサーのみが入団条件となっており、
ダイナミックなスケールの舞台を思う存分満喫できそうだ。ドラマチックな悲哀物語を描く貴重な舞台を見逃す手はない。

『アンナ・カレーニナ』C)Souheil Michael Khoury

『アンナ・カレーニナ』C)Souheil Michael Khoury

『ロダン~魂を捧げた幻想』C) Souheil Michael Khoury

『ロダン~魂を捧げた幻想』C) Souheil Michael Khoury

公演情報

<東京公演>
「ロダン~魂を捧げた幻想」
2019年7月18日(木)、19日(金)東京文化会館
「アンナ・カレーニナ」 
2019年7月20日(土)、21日(日)東京文化会館
 https://www.japanarts.co.jp/eifman2019/

<その他の公演>
「アンナ・カレーニナ」
2019年 7月13日(土) びわ湖ホール(滋賀)
https://www.biwako-hall.or.jp/performance/2018/12/20/post-767.html
「ロダン〜魂を捧げた幻想」
2019年 7月15日(月・祝) グランシップ中ホール・大地 (静岡)
https://www.granship.or.jp/event/detail/2226