ページの先頭です。

HOT TOPICS

◆◆レビュー評◆◆文・守山実花  パリ・オペラ座バレエ団〈グラン・ガラ〉

ニュース

   ~音楽とダンスが密接に結びついた充実の舞台~

 音楽とダンスが密接に結びついた3作品が上演された。まず挙げたいのは、『ダフニスとクロエ』(振付:バンジャマン・ミルピエ 音楽:モーリス・ラヴェル 2014年初演)の日本初演。音の波動に共鳴しながら、ダンスが空間いっぱいに拡がっていく。
  鮮やかな色彩をモノトーンで縁取った幾何学図形を組み合わせた装置(ダニエル・ビュラン)は、物語が展開するシーン、すなわちエーゲ海の自然を抽象的に示すもの。装置は、モノトーンと色彩を使い分けた衣裳、音とともに膨らみうねりとなるダンスと一つになり、舞台空間そのものが生き生きと躍動するように感じられた。

 ダフニスを踊ったジェルマン・ルーヴェは、ダイナミックさと繊細さを合わせ持つダンスで、未成熟な少年特有のナイーブさ、ひたむきさを表現。オレリー・デュポンのクロエとのコンビネーションも良い。デュポンは瑞々しく、その動きは澄んだ水の流れのように自然で淀みない。

  レオノール・ボラックは無邪気な誘惑者、マルク・モローはやや線が細いが、感度の良い動き。野性味溢れる海賊のフランソワ・アリュは、空間を錯綜する黒いラインとなり、強烈な印象を残した。
『テーマとヴァリエーション』のマチアス・エイマンは抑制が効き端正、ソリストと群舞が一つになって放たれるエネルギーは爽快だ。『アザー・ダンス』では、ピアノの音で呼吸するようなリュドミラ・パリエロの成熟したダンスが印象的。
   中堅エトワールは成熟期に入り、また若い世代が育ちつつあることが感じられる公演だった。

<2017年3月9日 東京文化会館 / 文・守山実花>

C) 長谷川清徳

C) 長谷川清徳

 

 

 

〈舞踊評論家/守山実花〉

新聞、雑誌、公演プログラム、映像ライナーノートなどに、作品解説、インタビュー記事、公演評などを執筆。これまでに200人を超えるダンサー・振付家へのインタビュー取材を行っている。現在は尚美学園大学非常勤講師。清泉女子大学生涯学習講座ラファエラアカデミアなどでバレエ鑑賞講座を担当。著書「バレエに連れてって!」「もっとバレエに連れてって!」(青弓社)「食わず嫌いのためのバレエ入門」(光文社新書)「魅惑のドガ」監修・著 (世界文化社)「バレエDVDコレクション」監修・著(デアゴスティーニ・ジャパン)など。