ページの先頭です。

HOT TOPICS

笠井叡、中村恩恵、鈴木ユキオの共演が実現『SAYUSA-左右左(さゆうさ)-』

ニュース

 横浜能楽堂とジャパンソサエティー共同制作作品、「SAYUSA-左右左(さゆうさ)-」が9月2日に神奈川・横浜能楽堂で上演される。「SAYUSA-左右左-」は、2015年から横浜能楽堂とニューヨークのジャパン・ソサエティーが、共同で進めてきたプロジェクト作品。能の伝統的手法と現代的舞踊の要素を融合させた、コンテンポラリーダンス作品を創作。

 能の「翁」と「羽衣」を下敷きに、日本研究の第一人者ドナルド・キーンの原案指導のもと、ニューヨーク在住のイタリア人演出家・振付家、ルカ・ヴェジェッティが原案・演出・振付を担う。海外のアーティストたちから見た日本文化がどのように描かれるのか興味深い。キャストは、コンテンポラリーダンス界を率いるダンサーの笠井叡、中村恩恵、鈴木ユキオの共演が実現。音楽監督は能楽 囃子方 大倉流小鼓方十六世宗家の大倉源次郎が務める。

公演情報

『SAYUSA-左右左(さゆうさ)-』
2017年9/2(土)横浜能楽堂
http://ynt.yafjp.org/schedule/?p=2114