ページの先頭です。

HOT TOPICS

近藤良平の最新インタビューお届け 演劇『イヌビト ~犬人~』8月5日(水)から開幕!

ニュース

 新国立劇場では大人とこどもが一緒に楽しめる公演が人気を博しているが、その一環として2015年から続く長塚圭史の作・演出シリーズの最新作「イヌビト~犬人~」が、8月5日(水)から新国立劇場 中劇場にて上演される。

 本作は2012年の「音のいない世界で」、2015年と2017年の「かがみのかなたはたなかのなかに」に続く、近藤良平、首藤康之、長塚圭史、松たか子の豪華キャストで贈る最新作。長塚が作・演出を、近藤が振付を担う。
近藤良平が本作について語ってくれた。

c)HARU

―― 振付や制作過程についてお教えてください
 圭史とのこのシリーズは今回が3作品目なのですが、作品の中のここが振付だと最初から決まっているわけではないんです。常に稽古場で作っていく過程でここを舞踊的動きにしよう、ここは芝居だけにしよう、となっていきます。

『イヌビト』も台本の段階ではどのシーンが振付、どのシーンが言葉中心なのかはわからなかったけど、それが面白いところ。ここはもっと動き優先で見えたらいいね、と稽古場で圭史と作りながら進めていっています。さらに今回は中劇場ですので、いつもの4人に加え10人のダンサーたちに参加してもらうことにより、「空間をイヌビトで彩る」じゃないですけど、空間を動かすための振付、ダンス的要素が入ってきます。20代から今まで振付を続けてきて、最近ではシンプル化していくという事の重要性を感じています。

  今回は特に「獣」というプリミティブな部分、できるだけシンプルではあるけど「祖先」のような部分に響くような振付が見つけられたらと思っています。

―― 出演もされますが、本公演の役柄は何でしょう?
 保健所のサルキという人を演じます。イヌビトたちを処理するという役柄ですね。本当はそれだけではないんだけど、あまり言っちゃうとつまらないよね。おおまかに言うと、サルキだけではなく、このお話が抱えている、とても大事な役も今回はやらせてもらっています。


―― 自粛期間中に考えさせられたことや身に起きた変化はありましたか?
 まず、怠ければ人はいくらでも怠けられる、簡単にさぼれるなという事。すごく身に染みて感じました。ネット配信もいろいろしましたけど、単純に「身体を鍛えないと」とか、毎日のルーティン、朝起きてご飯を食べて行動を起こす、ということがどれだけ大事かということをすごく感じました。

  あと、僕はダンスを通して人々と触れあったり、コンタクトを取り合う事を大切にして活動をしているのですが、自粛期間中は自分も人々に接することができない中で、それでもオンライン上で人と出会えたりして。こういう形でも人とコンタクトをとる、人々と感じ合うという事ができるんだなというのは新しい出来事でした。


―― エンターテイナーとして今後の活動への思いは?
 以前はこれがやりたいとか、みんなに褒められたい、とかいろいろ思った時期もあったんですけど、今は役割としてやらないといけないこともあると思っています。人々にエネルギーを渡すこと、人々を勇気づけるとか、もっと単純に言うと、舞台は心や人間関係を豊かにしてくれる。それを感じてもらうためにはやり続けないといけない、とすごく素直に思います。

  ソーシャルディスタンスなどにはいろいろ悩まされますけど、今回も歌をうたってみたり、やれることはいっぱいある、そういう意味では、やり尽くそう!という気持ちで作品に向かったり作ったりすると思います。あとは、特にダンスに関しては、意外とひょんな所で誰もがすぐにダンスを踊る可能性があるんだな、と最近すごく思っています。人は浮かれたら踊るし弔う時も踊るし。その事に気付いてほしい、ダンスとつきあってほしい。それをこれからも強く言い続けて、みんなに気付いてもらいたいなと思っています。

公演情報

演劇『イヌビト ~犬人~』
2020年8月5日(水)~16日(日)新国立劇場 中劇場
https://www.nntt.jac.go.jp/play/inubito