ページの先頭です。

VIDEO

セルリアンタワー能楽堂 伝統と創造シリーズvol.8『狂 -くるい-』リハーサル最新動画到着!

 意欲的な作品を発信し続ける〈セルリアンタワー能楽堂 伝統と創造シリーズ〉が8回目を迎え、能楽師シテ方観世流の津村禮次郎と、ダンサーの酒井はなが再び出演する。同シリーズは、能楽堂という日本の伝統的な様式を持つ空間をコンテンポラリーダンスの振付家がどのように解釈し、扱っていくかを問い続ける作品を制作しており、森優貴、アレッシオ・シルヴェストリン、島地保武、森山開次などのアーティストが作品を発表している。

 本公演は、フランス国立マルセイユバレエ団でソリスト・振付家として活躍し、日本で〈JAPON dance project〉や〈横浜バレエフェスティバル〉の芸術監督を務めるなど、幅広く活躍している遠藤康行による新作『狂 -くるい-』。『DOJYOJI+』と『KANAWA』の2部構成となっており、能の『道成寺』と『鉄輪』をモチーフに、嫉妬に苦しむ女性の姿、”狂”を描く。

 『KANAWA』に出演する酒井は、先月1月22日に日本バレエ協会主催の『ラ・バヤデール』のニキヤを主演し、婚約者を奪われた怒り・苦悩・嘆きを巧みに表現し観客を魅了。女性として、ダンサーとして、輝きがさらに増しているような圧倒的存在感を見せつけ、本作においてもその表現力に期待が集まる。
 また、元東京バレエ団プリンシパルの梅澤紘貴の出演も決定しており、酒井・遠藤の3人がどのようなケミストリーを生み出してくれるのかも楽しみである。

 

酒井はな/梅澤紘貴 C) MIKI SATO

酒井はな/梅澤紘貴 C) MIKI SATO

 

 

公演情報

セルリアンタワー能楽堂 伝統と創造シリーズvol.8『狂 -くるい-』
2017年2/17(金)~19(日)セルリアンタワー能楽堂
http://www.ceruleantower-noh.com/lineup/2017/20170217.html