ページの先頭です。

VIDEO

セルゲイ・ポルーニンほか現役ダンサーが出演の映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』

 20世紀のバレエ界を代表する伝説のバレエダンサー、ルドルフ・ヌレエフの映画が誕生した。1961年に、ロシアからパリで亡命を果たした事件はセンセーショナルなニュースとして世界的に報道された。

 映画『ホワイト・クロウ 伝説のダンサー』は、幼年期、ワガノワ・バレエ・アカデミーでの学生時代からキーロフ・バレエ団に入団してから亡命するまでを丁寧に辿る。

 この映画の構想から20年、現役ダンサーの起用から、ワガノワ・バレエ・アカデミー、マリインスキー劇場、ガルニエ宮、エルミタージュ美術館など、実際にロケを行っているところからもリアリティある映像になっており、レイフ・ファインズ監督の高いこだわりが随所に感じられる。

 ヌレエフ役には、タタール歌劇場の現役プリンシパルダンサーのオレグ・イヴェンコ。そして、ヌレエフのライバルであり、のちに悲劇的な最期を遂げるユーリ・ソロヴィヨフを、セルゲイ・ポルーニンが出演していることも大きな注目を集めている。本作のためにクリストファー・ウィールドンが振付を担当、監修はイーゴリ・ゼレンスキーが担う。

 

 

●2019年5月、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー予定
http://white-crow.jp/

(c)2019 BRITISH BROADCASTING CORPORATION AND MAGNOLIA MAE FILMS