ページの先頭です。

VIDEO

バレエ・アム・ライン 初来日公演『白鳥の湖』

 

 1956年設立のドイツのバレエカンパニー、バレエ・アム・ラインが、42名のダンサーを携え初来日を果たす。
 マーティン・シュレップァー版の『白鳥の湖』は、ファンタジーよりもリアリティを重視した演出となっている。本作は2018年6月にドイツで初演し、スタイリッシュでオリジナリティ溢れるダンススタイルと舞台美術等が話題を集め、連日満席の大成功を収めた。ドイツ国外では、日本ツアーが初のお披露目となるシュレップァー版『白鳥の湖』に期待したい。

C)Gert Weigelt

 

https://twitter.com/dancerssupport/

公演情報

バレエ・アム・ライン 初来日公演
マーティン・シュレップァー演出 『白鳥の湖』
[東京公演]2019年9/20(金)、21(土)Bunkamuraオーチャードホール
[兵庫公演]2019年9月28日(土)兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール
https://ballettamrhein.jp/