ページの先頭です。

VIDEO

シディ・ラルビ・シェルカウイ演出・振付・出演の『sutra (スートラ) 』初来日

 シェルカウイの新作『sutra (スートラ) 』は、なんと少林寺の僧侶たちとのコラボ!
シェルカウイは2010年に首藤康之との共演作『アポクリフ』をはじめとし、森山未來主演の手塚治虫原作『テヅカ TeZukA』(2012年)と『プルートゥ』(2015年)、『バベル  BABEL(word)』(2014年)の演出・振付などで常に話題作を手がけ、今やダンス界で彼の名を知らない人はいない。ベルギー生まれイスラム文化育ちのシェルカウイは、異文化への興味と造詣が深く、その中でもアジアをモチーフに取り上げることが多い。

 「スートラ」は「経典」の意であるが、シェルカウイは本場少林寺に滞在して武僧達とともに創作に取り組んだ。中国には複数の少林寺が存在するというが、本作に出演するのは、中国政府の指定を受けた唯一の本家・少林寺の僧侶たち。少林寺が紀元495年に河南省にて開かれてから現在に至るまで、僧侶たちは厳しい仏教の戒律に従って生活し、カンフーを最も重要な修行のひとつとして彼らの日常に密着している。19名の僧侶たちの群舞とアクロバットは本物の迫力で会場全体を席巻してくれるだろう。
 

HFG_6915_Credit_Hugo_Glendinning

公演情報

『sutra (スートラ) 』
2016年10/1 (土) 、2 (日) Bunkamura オーチャードホール
http://www.parco-play.com/web/play/sutra2016/